オリゴ糖が効く仕組み

つらい便秘を助けてくれるとしてオリゴ糖は重宝されています。しかし、オリゴ糖そのものが便秘を解消してくれるわけではありません。あくまでオリゴ糖は、便秘解消のきっかけになってくれる成分にすぎません。ではどのような仕組みで便秘が改善されるのかご紹介しましょう。

便秘の原因まず、大腸は善玉菌という菌が生息しており、この菌が正常に働いてくれることで栄養の吸収などがなされます。お通じが良い人は善玉菌の活動が活発な証拠と言えるでしょう。しかし、食事の内容が偏ったものばかりなど乱れた食生活を繰り返すうちに、腸内の善玉菌の勢いが衰退。悪玉菌の多い腸内環境へと変化してしまいます。これが便秘の原因となるのです。そこで活躍するのがオリゴ糖。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌自体を増やす源にもなります。このように善玉菌が増えると悪玉菌が減っていくため、便秘改善に繋がるという理屈なのです。では、糖ならば何でもいいのかというとそうではありません。善玉菌のエサとして働いてもらうためには、大腸まで届くことが大事です。多くの糖は大腸に至る前に消化されてしまう消化性の糖。一方オリゴ糖は、難消化性のものが多いため、善玉菌の住む大腸まで消化されずに届けられるのです。